本文へスキップ

よみうりタウンニュース 毎週木曜日発行の読売の地域情報紙 発行/茨城北部読売会 制作/読売茨城タウンニュース社

TEL. 029-221-6720

〒310-0805 茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

タウンニュースARTICLE 一面記事

2015年2月12日号  

温もり生む人の輪

駅前カフェで会話を楽しむ村田さん(右から2番目)、黒須さん(同3番目)ら。左奥が鹿島神宮駅

駅前カフェ

 JR鹿島線鹿島神宮駅前に、楽しげな笑い声が響いていた。
 昨年12月にオープンした通称・駅前カフェの店頭。屋根も壁もないオープン店舗で、さぞ寒いかと思えば、「そりゃあ、風がある日は寒いけど、のんびりと会話を楽しんでいると寒さなんて感じないよ」と、連日店に立つ村田司郎さん(79)。
 駅前カフェは、「シティメイトかしま」と「楽しかっぺ鹿嶋」という2つの街おこし団体が、同市の協力を得て運営している。3月までの期間限定の予定だったが、継続する方針が固まりつつあるという。
 「寒い冬は、お客さんは来ないのでは」。当初、メンバーの中にはそんな声もあったというが、「始めてみると考えが一転した」と黒須昭子さん(70)。店がある歩道は、日当たりが良くて「日焼けが気になるほど」。レンガ敷きで雰囲気が良く、広さも最適。駅の乗降客はまばらだが、客待ちのタクシー運転手らが食事をしたり、散歩の人が休憩するなど、予想外のニーズでにぎわった。
 売れ筋はうどん、お汁粉、焼酎のお湯割りなど、和風のあったかメニュー。村田さん宅で収穫したユズを刻んでのせたうどんが一押しだ。「とっても良い香りで温まる。一緒にいかがですか?」


【ミニ情報】駅前カフェの正式名称は「カフェ・ド・パラディーソ」。営業は午前10時〜午後5時。火曜定休。雨天、強風などで臨時休業あり。店舗の周囲で、音楽ライブ、フリーマーケットなどのイベントを不定期開催する。「シティメイトかしま」は、カフェの運営を手伝うボランティアを募集している。「週に1日だけでもいいです。楽しく地域を盛り上げましょう。店頭で待っています」と村田さん。







バナースペース

株式会社読売茨城タウンニュース社

〒310-0805
茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

TEL 029-221-6720(代表)
FAX 029-227-7888

よみうり

タウンニュース

Facebook いいね!