本文へスキップ

よみうりタウンニュース 毎週木曜日発行の読売の地域情報紙 発行/茨城北部読売会 制作/読売茨城タウンニュース社

TEL. 029-221-6720

〒310-0805 茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

タウンニュースARTICLE 一面記事

2015年10月15日号  

女子目線のサラダバー

▲写真上=茨城キリスト教大生に人気の「ネギ塩唐揚げ丼」(378円)などの組み合わせ。
同下=左から談笑しながら食べる学生たち、種類豊富なサラダ・総菜バー。

茨城キリスト教大学 学生食堂(日立)

 日立市大みか町にある茨城キリスト教大学は、学生数2500人のうち、約7割が女子学生。カフェテリア方式の学生食堂は、正午前後をピークに色とりどりの服装や弾む会話で華やかな雰囲気に包まれる。
    ◆
  食堂運営は同大などを経営する茨城キリスト教学園の生活協同組合。同組合が他大学生協との統一メニューで取り組んでいるものの、同食堂ならではの試みも多い。店長の田村憲司さん(44)が自慢するサラダ・総菜バーも、その中の一つ。「食物健康科の先生から『緑黄色野菜を』との提案を受け、7年前から始まった」と田村さん。モロヘイヤとオクラのお浸しや、パンプキンサラダ、海藻サラダ、大学芋など8〜15種類を週替わりで並べている。
 同バーは、量り売り。好きなものを好きな量だけよそい、レジで精算する。児童教育学科の4年生、根本美咲さん(22)は「種類が多く、それらを少しずつ、その日のおなかのすき具合や気分で食べられるのがいい」とお気に入りだ。    ◆
 12月に入るとクリスマス色が濃くなるのも、ミッション大学ならではの特色。学生たちがクリスマスパーティー実行委員会を組織、食堂内を飾り付けした中で、この時期ならではのチキン料理を味わえる。昨年は赤や緑のクリスマス色を意識した野菜付き「シーザーソースのクリスマスチキン(照り焼き)」(302円)や、「フライドチキン」(162円)がメニューに加わった。
 学生たちの声をできるだけ反映している同食堂。厨房担当の豊田陽子さん(50)は「気付いたことを何でも気軽に言ってもらえたら、ありがたいですね」。


〈茨城キリスト教大学概要〉
 住所・日立市大みか町6-11-1、学生数約2500人、教職員数約200人人
〈学生会館1階食堂概要〉
 通常営業は平日の11時〜13時30分(お弁当の持ち込み可)。1日の消費食数は約200食。一般の人は、利用できない。
〈人気メニュー〉
 「チキンおろしだれ」(302円)、「けんちんうどん」(378円)、「豚汁」(108円)、期間・食数限定販売の「ペッパービーフ丼」(400円)、同「辛味噌ラーメン」(356円)













バナースペース

株式会社読売茨城タウンニュース社

〒310-0805
茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

TEL 029-221-6720(代表)
FAX 029-227-7888

よみうり

タウンニュース

Facebook いいね!