本文へスキップ

よみうりタウンニュース 毎週木曜日発行の読売の地域情報紙 発行/茨城北部読売会 制作/読売茨城タウンニュース社

TEL. 029-221-6720

〒310-0805 茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

タウンニュースARTICLE 一面記事

2016年2月11日号  

みんなで待ってるよ








▲英語劇で新入生を迎えよう、と準備をする2年生の7人(写真上)。山あいにある中里小学校(同下)

2年ぶりに1年生を迎える 日立市立中里小学校

 日立市西部の山あいにある中里小学校(鈴木克彦校長)は、全校児童22人の小規模校。昨年の 新入生がゼロだった同校に、今年は6人が入学する。児童たちは「とっても楽しみ」と、わくわくしながら迎え入れる準備をしている。

歓迎は英語劇で

 特に後輩ができるのを心待ちにしているのが、2年生の7人。和田蒼汰君は「1年間、待っていた。一緒に遊びたいし、英語のあいさつなんかも教えてあげたい」、矢野心菜さんは「絵が得意なので、山とか花を描くお手伝いができれば」と心躍らせる。
 同校は1年生から英語や落語の授業がある特認校。2年生は今、学んだ成果を新1年生に披露しようと、英語劇の練習に取り組んでいる。担任の冨永雅代教諭は「温かな雰囲気を作り出し、上級生の仲良くしようという気持ちが伝わるようにしたい」と児童といっしょにアイデアを練る。

学年を超えて交流

 上級生たちの表情も明るい。最上級生になる片平共美さん、5年生になる藤田佳歩さんは「元気な1年生が入ってきて、笑顔が人数分だけ増える」とうれしそうに話す。
 同校では授業の合間に、全校児童がドッジボールや鬼ごっこ、長縄跳びなどで遊ぶ「なかよしタイム」がある。鬼ごっこでは例年、捕まえるのが面白い、と新1年生による鬼のなり手が殺到=B上級生は交代で鬼をやるように提案し、それでも解決しない時はジャンケンで決めるのがルール。学年主任の白石和広教諭は「小規模校ということで、子どもたちの学校生活が、学年を通しての縦割りでできている。新1年生の入学は、教え、世話ができる新たな後輩ができるという、気持ちの点で大きい」と喜ぶ。







バナースペース

株式会社読売茨城タウンニュース社

〒310-0805
茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

TEL 029-221-6720(代表)
FAX 029-227-7888

よみうり

タウンニュース

Facebook いいね!