本文へスキップ

よみうりタウンニュース 毎週木曜日発行の読売の地域情報紙 発行/茨城北部読売会 制作/読売茨城タウンニュース社

TEL. 029-221-6720

〒310-0805 茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

タウンニュースARTICLE 一面記事

2016年5月5日号  

ポップなふんわりコーヒー

▲橋本さんがつくったネコ(写真大)とクマ(同小)の3Dラテアート

趣味でつくる 3Dラテアート

 「練習すればできるようになると思いますよ」と話す那珂市菅谷の橋本亜希子さん(29)の手は、リズミカルに動く。ふわふわに泡立てた牛乳をスプーンを使ってコーヒーの上に立体的に盛り、泡の下のコーヒーをつまようじの先に付けて目鼻やひげなどを描いていく。
 橋本さんが趣味でつくるのは、カフェなどで人気のラテアートの変化形で、立体タイプの3Dラテアート。
 3年ほど前、コーヒー好きの兄に連れられて行った東京のカフェで出合い、挑戦してみようと思った。「子どものころからイラストを描くのが好きで、その延長でした」
 写真だけが頼りの独学。半年ほど夢中で練習した。牛乳の温度差で泡の硬さが変わることを知り、コツをつかんでいった。
 知人のカフェを短期間ながら手伝う機会があり、磨いた技術で客に喜んでもらったこともある。
 「『わあっ』と声を出して喜んでくれたり、翌日に友達や彼女を連れてきてくれたり」
 客が帰って、カップを下げに行ったとき、思わずにんまりしてしまうことがあった。カップの底に、ネコやクマがそのまま残っていることがあったからだ。「くずせないほどに気に入ってくれて、コーヒーをすするように飲んでくれたみたい。申し訳なくも思いました」


■メモ・・・エスプレッソに泡立てたミルクをのせるカフェラテで作るのが基本。橋本さんが使う道具は、2000円程度のミルクフォーマー(泡立て器)のみ。








バナースペース

株式会社読売茨城タウンニュース社

〒310-0805
茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

TEL 029-221-6720(代表)
FAX 029-227-7888

よみうり

タウンニュース

Facebook いいね!