本文へスキップ

よみうりタウンニュース 毎週木曜日発行の読売の地域情報紙 発行/茨城北部読売会 制作/読売茨城タウンニュース社

TEL. 029-221-6720

〒310-0805 茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

タウンニュースARTICLE 一面記事

2016年11月17日号  

古き良き晩秋風情

▲屋敷裏の色づき始めたモミジ(11月11日撮影)。屋敷は入母屋造りで、江戸時代中期の建築

春風萬里荘(笠間) 〜県央・鹿行編

 笠間市下市毛の芸術村にある「春風萬里荘」(笠間日動美術館分館)は、総合芸術の巨人・北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん)の旧宅を再移築した観光施設。約3600平方メートルの敷地内に、屋敷を囲むように日本庭園が広がり、南側にはモミジが植栽された「もみじ園」がある。例年11月中旬から見ごろとなる。
 屋敷の北側にある石庭も見どころのひとつ。京都の龍安寺を模した枯山水の庭で、石庭の奥には、クマザサの茂みの中にモミジが色づく。同館事務局長で、洋画家でもある大塚好雄さん(71)は、「庭石の白と、モミジの赤、クマザサの緑、空の青と、色彩が豊か。心静かに味わってみて」と話す。有料で、石庭を望みながらの抹茶をいただける。
 屋敷裏側の庭のモミジは、見落としがちなポイントのひとつという。モミジが両脇に立つ小道がある。訪ねた際は忘れずに。

【メモ】見ごろは11月下旬まで。入館料大人600円、65歳以上500円。抹茶は420円。月曜休館。同施設TEL.0296・72・0958。







バナースペース

株式会社読売茨城タウンニュース社

〒310-0805
茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

TEL 029-221-6720(代表)
FAX 029-227-7888

よみうり

タウンニュース

Facebook いいね!