本文へスキップ

よみうりタウンニュース 毎週木曜日発行の読売の地域情報紙 発行/茨城北部読売会 制作/読売茨城タウンニュース社

TEL. 029-221-6720

〒310-0805 茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

タウンニュースARTICLE 一面記事

2017年7月20日号

夏の目標は全国8強

▲普段はニコニコ笑顔がトレードマークだが、練習が始まると、表情がどんどん引き締まる


神栖・横瀬小3年・ 金田侑大(ゆうた)

小柄でもパワフル

  神栖市立横瀬小学校3年の金田侑大君(8)は、28日から兵庫県で行われる全日本卓球選手権大会カブの部(小学3、4年生)に県代表として出場する。カブの部の本県代表は3人で、他の2人は4年生。侑大君は3年生では唯一食い込んだ。クラスの背の順では前から3番目。小柄な体から繰り出す正確でパワフルなショットが持ち味。目標はベスト8進出だ。
         ■
卓球の実業団選手の父・隆之さん(46)の影響で、生後10か月でラケットを持った。「侑大が妻のおなかの中にいるときから、ラケットでボールを打つ音を聞かせていました」と隆之さん。
 小学1年の時に大会に初出場。全国大会に進んだが、予選で敗退。「全国のレベルの高さに驚いた」と2人。その翌日から、父子の特訓が始まった。

朝練はサーブ1時間

 起床は毎朝6時。サーブの練習を1時間してから学校に行き、放課後は約2時間卓球台に向かう。家族で東京ディズニーランドに出かけた日も、出発する朝6時に合わせて5時起きしてラケットを握った。
 昨年の全国大会では、特訓の成果が実って予選を突破したが、決勝トーナメントは初戦で敗退、悔くて大泣きした。
         ■
 将来の目標は、オリンピックに出て金メダルに輝くこと。昨夏、リオデジャネイロ五輪の卓球の試合をテレビで観戦、銀メダルを獲得した男子団体の日本チームの活躍に、「自分も世界の舞台で活躍したい」とあこがれた。
 大好物は、お母さんが作ってくれるご飯全部。「おかわりしていっぱい食べて、大きく、強い選手になりたい」








バナースペース

株式会社読売茨城タウンニュース社

〒310-0805
茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

TEL 029-221-6720(代表)
FAX 029-227-7888

よみうり

タウンニュース

Facebook いいね!