文へスキップ

よみうりタウンニュース 毎週木曜日発行の読売の地域情報紙 発行/茨城北部読売会 制作/読売茨城タウンニュース社

TEL. 029-221-6720

〒310-0805 茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

スクランブル 【今週のピックアップ】SCRAMBLE

北茨城市内で開催中

桃源郷芸術祭「人生彩色」

◆北茨城市の芸術家ら44組による芸術祭「桃源郷芸術祭2020 『人生彩色』〜暮らしの色、仕事のかたち、空の模様〜」が、市内の4か所を会場に開かれている。会期は1月19日まで。同市と、同市地域おこし協力隊主催。会場と主な内容は、◇県天心記念五浦美術館=市内の芸術家と、東京芸術大生の作品を展示◇期待場(きたいば、旧富士ケ丘小学校)=地元ゆかりの芸術家の石井竜也さんの作品を展示するほか、ものづくりのワークショップを開催◇築150年の古民家を改修したギャラリー&アトリエARIGATEE=映像作品などの紹介。本紙昨年7月25号で紹介した廃屋を改修したギャラリーも初公開。記事では、不要な木材の提供を呼びかけるなどした。がれきやゴミを作品として展示◇ガラス工房シリカ=ガラスワークショップや作品展示のほか、週末はクラフトマルシェを実施。同芸術祭ホームページ(https://www.tougenkyo-art-fes.jp)へ。
▲アビルショウゴ/image1「トゲトゲのガラスの彫刻」

大子「糀や菊池商店」

100年続くみそ蔵

◆大子町下野宮の糀(こうじ)や菊池商店は、100年以上前からみそを製造している。まき釜で、大豆と糀をたき上げる昔ながらの製法を続けている。みそは、添加物不使用で、時間の経過による味わいの変化も魅力。みそ汁ほか、生野菜に付けて食べると、味の深みが感じられるという。「くせの無い味なので、シンプルな料理に合います」と同店。1kg864円。地方発送も可能。不定休。午前8時〜午後5時。同店TEL.0295・72・4008。




▲国産原料でつくったみそ

19日・交流センターいわま

ひよっこシャンソンショー

◆本県が舞台になったNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、出演者たちに茨城弁を指導した水戸市の中澤敦子さんのシャンソンコンサートが1月19日、笠間市下郷の市地域交流センターいわまで開かれる。中澤さんは、東京銀座で長年にわたって、シャンソン歌手らが舞台に立つ歌声酒場を切り盛りし、自分もステージに立った。女優としても活動した。今コンサートは、プロギタリスト梅田光雄さんと共演する。ひよっこの撮影裏話を含むトークも披露。1部午後1時から、2部同3時から。入れ替え制。入場料1000円(中学生以下無料)。事務局の池田さんTEL.080・5191・0373。







▲ひよっこのポスターと中澤さん


バナースペース

株式会社読売茨城タウンニュース社

〒310-0805
茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

TEL 029-221-6720(代表)
FAX 029-227-7888

よみうり

タウンニュース

Facebook いいね!