文へスキップ

よみうりタウンニュース 毎週木曜日発行の読売の地域情報紙 発行/茨城北部読売会 制作/読売茨城タウンニュース社

TEL. 029-221-6720

〒310-0805 茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

スクランブル 【今週のピックアップ】SCRAMBLE

行方・レストラン「新鮮組」

地場産食材の和洋料理提供

◆行方市玉造甲の霞ヶ浦ふれあいランドに隣接するレストラン「和洋ダイニング新鮮組」は、地元産の食材を使った料理が味わえる。霞ケ浦産のシラウオを使った白魚丼は、「釜揚げ」(880円)と、季節限定で「生」もある(3月後半以降を予定)。同市ブランド豚「美明豚」のロースカツ(1280円)は肉が200gとボリュームがある。「鯉の旨煮」(800円)、「鯰(ナマズ)の天婦羅」(560円)は観光客に人気。地元野菜と総菜が食べ放題の「サラダ&総菜バー」は、平日昼は料理メニュープラス150円(土・日曜は300円)、夕方は同300円。お得なランチメニューもある。午前11時〜午後2時半、午後4時半〜同9時半LO(土・日曜、祝日は通し営業)。同店TEL.0299・57・1117。
▲鯉の旨煮と鯰の天ぷら

「ほっとパーク鉾田」発着で3月

ノルディックウオーク体験

◆2本のポール(ストック)を使って歩行を補助し、運動効果を増すフィットネス「ノルディック・ウォーク」。「第1回ノルディックウォーキング自然体験会」が3月19日午前10時、健康増進施設「ほっとパーク鉾田」(鉾田市当間)を発着点とする約8kmのコースで実施される。主催は、同市のブランド力を高めようと活動する官民協働市民団体「ほこたグローカルブランディングプロジェクト」(大曽根政幸代表)。共催は県ノルディック・ウォーク連盟。「グローカルとは、グローバル+ローカルの造語。途中、自然観察体験があり、イチゴや北浦産魚介の加工品などのプレゼントも用意。運が良ければ、希少な鳥・カンムリカイツブリが見られるかも」と大曽根代表。募集は50人。参加費は800円(保険代・道具賃貸料込み)。参加希望者は2月28日までに、大曽根さんTEL.090・3598・8972へ。
▲近年人気のウォーク

26日・大子

百段階段でひなまつり

◆神社参道の通称「百段階段」に、約1000体のひな人形を並べるひなまつりイベント「百段階段でひなまつり」が2月26日、大子町大子の十二所神社で開かれる。地元の商工会女性部が主催して10回目。展示は午前9時〜午後3時。今年は開催10回を記念した初の試みとして、午後5〜7時にライトアップを行う。ほかに、町文化福祉会館「まいん」で、奥久慈リンゴを使ったアップルパイの販売や、会場前の本町通りで「花嫁行列」(午後1時予定)も行われる。雨天の場合は中止。同町商工会TEL.0295・72・0191。








▲階段を上りながら見学できる

ナビゲーション

バナースペース

株式会社読売茨城タウンニュース社

〒310-0805
茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

TEL 029-221-6720(代表)
FAX 029-227-7888

よみうり

タウンニュース

Facebook いいね