文へスキップ

よみうりタウンニュース 毎週木曜日発行の読売の地域情報紙 発行/茨城北部読売会 制作/読売茨城タウンニュース社

TEL. 029-221-6720

〒310-0805 茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

スクランブル 【今週のピックアップ】SCRAMBLE

「ヤマネ&リリースクエア」(水戸)

カフェも魅力の複合施設

◆水戸市全隈町の「ヤマネ&リリースクエア」は、旧山根小学校を改修した複合施設。小規模保育園と学童保育を中心に、シニア向けスポーツクラブ、カルチャースクールなども展開する。施設内のカフェも魅力の一つ。おすすめは、「里山ごはんセット」と、「山根パスタセット」(各1000円、ソフトドリンクおかわり1杯無料)など。プレミアム青汁やトマトジュース、メロンジュースなどのフレッシュジュース、豆乳ときな粉のパンナコッタもある。午前10時〜午後7時(カフェは午前10時半〜午後3時、土曜は同2時まで)。日曜、祝日定休。同施設TEL029・350・7525。
▲モネの絵画が飾られたカフェの店内


ひたちなか「布笑布」

12周年セール

◆ひたちなか市和田町の古布と小物の店「RE空間・布笑布(ふふふ)」は、「オープン12周年記念感謝セール」をきょう20日から開く。26日まで。
 鎌倉「のざき(旧浪漫亭)」の着物(2枚1000円〜)や、手芸用に人気の古布・古裂(こぎれ)、着物はぎれは100円〜。結城紬(つむぎ)の反物、八丈島に伝わる草木染めの絹織物「黄八丈」も販売。各開催日当日の朝に店頭で発表する「目玉商品」もある。「かんたんリフォーム教室」「かんたん吊るし飾り教室」「人形作り教室」など、各種講座(要予約)の受講生も募集中。午前10時〜午後5時。日・月曜定休(セール期間中は無休)。同店TEL.029・262・3006。
▲古布を使った創作人形


水戸・県立歴史館特別展

佐竹氏 800年の歴史と文化

◆特別展「佐竹氏―800年の歴史と文化―」が、水戸市緑町の県立歴史館で開かれている。3月22日まで。
 佐竹氏は、古代末・中世の茨城(常陸)と近世の秋田で、約800年の歴史を刻んだ武家。今展は、常陸時代の歴史的動向を中心に紹介。佐竹氏が築いた文化的・経済的な基盤と、秋田移封後の動向の一端も明らかにし、地域の誇りとして息づく実像に迫るという内容。
 注目は、戦国時代の佐竹氏の甲冑(かっちゅう)「佐竹義重所用甲冑」や、本県では120年ぶりの公開となる佐竹氏入魂の仏像で国指定重要文化財「釈迦如来および両脇侍坐像」、国宝で、ユネスコ世界記憶遺産の文書「佐竹義篤請文(東寺百合文書)」など。
 講演会「南北朝・室町期の佐竹氏―室町幕府の成立と関東―」(2月22日午後2時、講師は高知大学名誉教授の市村高男さん、定員200人)ほか、関連イベントあり。入館料一般610円、大学生320円、70歳以上300円。月曜休館(2月24日は開館し、25日は休館)。同館TEL.029・225・4425。




▲佐竹義重所用甲冑(秋田市立佐竹史料館)


バナースペース

株式会社読売茨城タウンニュース社

〒310-0805
茨城県水戸市中央2丁目7番37号
狩野ビル3階

TEL 029-221-6720(代表)
FAX 029-227-7888

よみうり

タウンニュース

Facebook いいね!